名古屋市会議員|藤沢ただまさ
トップページ > プロフィール
政治を志した理由・政治家になるまで
写真 中学三年生の頃だったと思います。当時ロッキード事件判決が近々あるということで連日、田中角栄元総理がテレビにでていました。私はあの独特のしゃべり方、仕草に大変興味を持ったのです。一体、彼はどういう人だろう?これが政治家に興味を持った第一歩でした。  その後、大学時代は選挙のアルバイトをするなどしました。いよいよ政治に対する思いは募り、「政治に関わって仕事をしていきたい」と考えるようになりました。

 大学四年生になる春休み、就職活動の時です。私は意を決して当時衆議院議員だった塚本三郎先生の門をたたきます。 「秘書にしてください」どこの馬の骨ともわからない若造が、頼んでもダメかなと思ったところ「じゃあ明日からきなさい」とあっさり受け入れてくれました。この塚本三郎先生の「じゃあ明日からきなさい」の一言が私の将来を決定づけました。私は大学生でありながら、秘書という二足のわらじをはくことになったのです。「衆議院議員 塚本三郎秘書 藤沢ただまさ」この名刺を手にしたときの感動は今も忘れることができません。塚本先生のもとでいろいろなことを学び、教えていただきました。今、政治家としてやっている基礎はこのときできたものだと思います。

 さて、そして二年の歳月が流れました。
 平成7年の1月、私の前任の市会議員の先生が四月に行われる選挙に出馬しないと表明されました。急な候補者探しが行われましたが、選挙まで二ヶ月しかないこともあり、なかなかみつかりません。そんなとき、当時25才だった私に白羽の矢が立ちました。これも運命の巡り合わせでしょう。選挙まで時間があれば、もっとらしい人がなっていたかもしれません。私にとって本当に千載一遇のチャンスでした。

 50日間の選挙運動を経て、私は運良く当選しました、多くの人に支えられての当選でした。
 当選した夜、家に帰ったとき、初めて「大変なことになった、しっかりと勉強しなくてはみんなの期待にこたえられないぞ」と思ったものです。以来なるべく勉強することを心がけてきました。
 ここまで四期16年間議員をつとめさせていただきました。
 巡り合わせに感謝し、支えてくれた多くの人々に感謝し、これからも名古屋のため、日本のために働いていきたいと思います。


プロフィール
昭和44年6月7日 名古屋市南区に生まれる
昭和51年 正和幼稚園卒園
昭和57年 名古屋市立星崎小学校卒業
昭和60年 東海中学校卒業
昭和63年 東海高校卒業
平成 4年 元衆議院議員塚本三郎秘書      
平成 5年 三重大学人文学部社会科政治コース卒業
写真

平成 7年 4月 名古屋市会議員初当選
平成13年 5月〜平成14年 5月 経済水道委員会委員長
平成14年 5月〜平成15年 4月 名古屋港管理組合議会議員
平成14年11月〜平成16年11月 自民党愛知県連青年部長
平成15年 6月〜平成16年 5月 愛知県競馬組合議会議長
平成15年 4月〜平成16年 4月 自由民主党市民クラブ名古屋市会議員団財務委員長
平成16年 4月〜平成17年 4月 自由民主党市民クラブ名古屋市会議員団政調会長
平成17年 4月〜平成18年 4月 自由民主党名古屋市会議員団幹事長
平成18年 4月〜平成19年 4月 市消防委員会委員長
平成19年 4月〜平成20年 4月 自由民主党名古屋市会議員団 政調会長
公社対策特別委員会 副委員長
教育子ども委員会 副委員長

平成20年 4月〜平成21年 4月 土木交通委員
大都市・行財政制度特別委員会委員長
名古屋港管理組合議会議員
平成21年 4月〜平成22年 5月 土木交通委員会委員長
環境生活問題対策特別委員会
平成22年 5月〜平成23年 5月 総務環境委員、都市活力向上特別委員、
自由民主党名古屋市会議員団政調会長
平成23年 5月〜平成24年 5月 議会運営委員会[副委員長]
総務環境委員会
自由民主党名古屋市会議員団幹事長
平成24年 5月 財政福祉委員会・公社対策特別委員会委員長
平成25年 4月 名古屋市長選挙に出馬
192,472票獲得するも及ばず。
平成27年 4月 6期目当選
平成27年 5月 第90代 名古屋市会議長就任
平成28年 5月〜 経済水道委員
大都市制度・広域連携促進特別委員会委員長

現在
名古屋市南区医師会・歯科医師会顧問
名古屋市南区食品衛生協会顧問
野球・ソフトボール連盟の会長等多数

 その他、商店街組合や各種団体などの顧問を数多く務めさせていただいています。
政治家に求められることは信念と勇気、それを支えるは有権者。それを裏づけるのは勉強。


このページの先頭へ

トップページへ戻る